PLG4U

PLG(Premium Link Generator/プレミアムリンクジェネレーター)についてまとめているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

AdsBypasser(バージョン5.60.6)をShortest(sh.st)の新ドメイン(viid.me)に対応させる方法

【最終更新:2016/11/15】
AdsBypasser(バージョン5.60.6)をsh.stとShortestの新ドメイン(viid.me)に対応させる方法です。
基本的な流れはAdsBypasser(5.58.0)をLinkbucksの新ドメイン(zytpirwai.net)に対応させる方法と同じなので画像などは使いまわしています。
Google Chromeを例に説明していますが、他のブラウザにおいてもスクリプトの編集箇所は同じです。

[手順]
①Tampermonkeyのダッシュボードを開く
sasontnwc_net_01.png


②AdsBypasserの項目を開く
sasontnwc_net_02.png


③「sh\.st」で検索し、該当した行(3570行目付近)を

  var hostRules = /^sh\.st|(dh10thbvu|u2ks|jnw0)\.com|digg\.to|viid\.me$/;

に置き換える
※赤字で記載した |viid\.me を「$」の前に挿入すればOKです

④フロッピーディスクのアイコンをクリックして保存する
sasontnwc_net_05.png



これで作業は完了ですが、AdsBypasserに限らず手動で変更した部分はスクリプトがアップデートされると消えてしまうので気をつけてください。



【2016/11/11 21:54】
記事を公開しました。

【2016/11/15 22:40】
バージョン5.60.6に合わせて行数を変更しました。
スポンサーサイト
[ 2016/11/15 22:40 ] ツール類 | CM(0)

AdsBypasser(バージョン5.60.6)でcoinlink.coをスキップする方法

【最終更新:2016/11/15】
広告サイトのcoinlink.coが更新され、AdsBypasserでスキップできなくなっています。

$.register({
  rule: {
    host: /^coinlink\.co$/,
    path: /^\/i\//,
  },
  ready: function (m) {
    'use strict';
     var a = $('a#btn-main');
    $.openLink(a.href);
  },
});
となっている箇所を
$.register({
  rule: {
    host: /^coinlink\.co$/,
    path: /^\/i\//,
  },
  ready: function (m) {
    'use strict';
    var a = $('a#main-btn');
    $.openLink(a.href);
  },
});
に書き換えるとcoinlink.co/i/*****をスキップできるようになります。(参考記事)



【2016/09/20 23:45】
記事を公開しました。

【2016/09/21 22:58】
修正箇所の行数を修正しました。

【2016/09/28 5:50】
AdsBypasser バージョン5.60.0 で対応されたことを追記しました。

【2016/10/08 4:42】
記事を更新しました。

【2016/10/20 6:47】
記事を更新しました。

【2016/11/15 22:37】
記事を更新しました。(5.60.6への対応)
[ 2016/11/15 22:37 ] ツール類 | CM(7)

AdsBypasser(バージョン5.60.5)でadf.lyをスキップする方法

【最終更新:2016/11/15】
adf.lyの仕様変更により、AdsBypasserを有効にしていても自動でスキップできなくなりました。
→バージョン5.60.6で修正されたため、この記事の手順は不要になりました。
[ 2016/11/15 07:55 ] ツール類 | CM(2)

AdsBypasser(5.58.0)をLinkbucksの新ドメイン(zytpirwai.net)に対応させる方法

【最終更新:2016/10/02】
sasontnwc_net.png

AdsBypasser はAdFlyやLinkbucksなどの広告サイトを自動でスキップしてくれるユーザースクリプトですが、例えばLinkbucksでは不定期にドメインが変更されるため、AdsBypasserがアップデートされるまでは新しいドメインではスキップが効かなくなります。

そこで、手動でAdsBypasserのスクリプトを書き換えて新しいドメインに対応させてしまおうというわけです。



Google Chromeを例に説明していますが、他のブラウザにおいてもスクリプトの編集箇所は同じです。
※時間が無いので画像は使い回しています、すみません

[使用ツール/アドオン]
[手順]
①Tampermonkeyのダッシュボードを開く
sasontnwc_net_01.png


②AdsBypasserの項目を開く
sasontnwc_net_02.png


③「filesonthe」で検索し、該当した行を

/^(([\w]{8}|www)\.)?(filesonthe|poontown|seriousdeals|ultrafiles|urlbeat|eafyfsuh|sasontnwc|zatnawqy|zytpirwai)\.net$/,

に置き換える
※末尾の「,」を忘れないように気をつけてください
※表示の都合で改行されているかと思いますが、改行しないでください
※画像クリックで拡大します

sasontnwc_net_06.png

sasontnwc_net_07.png

④フロッピーディスクのアイコンをクリックして保存する
sasontnwc_net_05.png



これで作業は完了ですが、AdsBypasserに限らず手動で変更した部分はスクリプトがアップデートされると消えてしまうので気をつけてください。

なお、Tamplermonkey(Google Chrome)を使っていると別のタブに以下のような画面が表示されることがあります。
その場合は、「Always allow domain」を選択してから元のタブに戻り、ページをリロードすると先に進むようになります。
tamplermonkey_cross-origin.png



【2016/01/09 ??:??】
記事を公開しました。

【2016/01/19 5:55】
昨日(18日)のAdsBypasserの更新により記事の作業は不要になった旨を追記しました。

【2016/02/23 10:30】
記事タイトルと内容を少し修正しました。

変更前: sasontnwc.net
変更後: zatnawqy.net



【2016/08/25 23:04】
記事タイトルと内容を少し修正しました。

変更前: zatnawqy.net
変更後: zytpirwai.net



【2016/10/02 1:04】
Google ChromeでTampermonkey使用時に出る画面について追記しました。
[ 2016/10/02 01:04 ] ツール類 | CM(12)

AdsBypasser(バージョン5.60.1)でbc.vcをスキップする方法

【最終更新:2016/10/06】
bc.vcの仕様変更により、AdsBypasserを有効にしているとbc.vcから先に進めなくなっています。
バージョン5.60.2で対応されたため、この記事の手順は不要になりました。
[ 2016/10/01 12:05 ] ツール類 | CM(0)
プロフィール

Author:hk
非公開での返信を希望する方は

までメールでどうぞ。
ただし、内容によっては返信できない場合もあります。ご了承ください。
また、たまに迷惑メールフォルダに届いて見落とすことがあるので、どこかしらの記事にコメントでメールした旨を伝えていただければ助かります。

全記事(数)表示
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。