PLG4U

PLG(Premium Link Generator/プレミアムリンクジェネレーター)についてまとめているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

Depfile対応のPLGが減っている理由

この記事を読んだからといって特にメリットがあるわけではありません。
暇つぶし、読み物程度にご覧になってください。



3月下旬頃からDepfileについて非対応になったPLGが増えていますが、その理由はご存知でしょうか?
理由は単純で、DepfileがPLG対策を行うようになったからです。


PLG対策にもいくつか種類があり、一番単純なのはアカウントを無効化する方法です。
:Uplaodedをはじめ、多くのアップローダーで行われてい一般的な方法です。


次によくある方法は、「1日あたりのダウンロード制限を減らす」というものです。
Nitroflareは元々50GB/dayの制限だったのですが、PLG対策なのかアカウント共有対策なのかわかりませんが、制限を25GB/dayにしました。
この方法では"PLGには関係ないのにブロックされるユーザー"を減らすことができますが、Nitroflareの場合はクレームが多かったためか数日で元の50GB/dayに戻したようです。


Rapidgatorは少し変わった方法でPLG対策を行っています。(過去形かもしれません)
それは「大量のダウンロードが連続で行われた場合、パスワードを自動的に変更する」というものです。
具体的な数値は発表されておらず、経験則的に65GBや100GBなどと言われています。

PLGの管理者が他の人が購入したアカウント、つまりクラックされたアカウントを使っている場合、このパスワード変更によってアカウントが使えなくなってしまいます。
一時期からRapidgatorのダウンロードに制限が掛かったりしているのはこれが原因です。


Depfileが行ったPLG対策は3つあり、1つめはダウンロード用のURLを変更するという方法です。
これについては2016/03/04のPLGニュースで書きましたが、ダウンロード用URLのドメインが「depcloud.com」から複数の「(3文字).(2文字)」に変更されました。
この変更により、それまでの「ページ内にあるdepcloud.comを含むURLをダウンロードURLとして取得する」という方法が使えなくなりましたが、ページ内でダウンロードURLが書かれている場所は固定だったので、PLG側によってすぐに対応されてしまいました。


2つめの対策は、Nitroflareで行われた「1日あたりのダウンロード制限を減らす」という方法です。
Depfileのダウンロード制限は容量ではなくファイル数で行われているのですが、150ファイル/日から50ファイル/日に変更されました。
が、やはりというべきか普通に使っているユーザーにとっても影響が大きかったようで、最終的には100ファイル/日に落ち着いたようです。
PLG的には多くのユーザー(IP)に広告をクリックしてもらうため、2016/03/30のPLGニュースで書いたようにファイルサイズの制限を設けることが多くなりました。


3つめの対策は、CAPTCHAによる認証を設けるという方法です。
CAPTCHAとは「Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart」の頭字語で、簡単にいえば「コンピュータと人間を区別する機械的なテスト」です。
ouo.ioなどで見られるGoogle製のreCAPTCHA、spasteなどで見られるSolve Media製のCAPTCHAなどいくつかの種類がありますが、いずれもコンピュータによる自動処理を防ぐために用いられています。

Depfileで用いられているのはそこまで複雑なものではなく、以下の画像のようなものです。
depfile_captcha.png
人間が見ればすぐに「348185」だとすぐにわかりますが、プログラムには少々難しいようです。
有料Debridサイトは自社のサーバーに文字認識用のモジュール(拡張プログラム)をインストールして処理していますが、Cbox型PLGで使われているVinagetにはその仕組みが用意されていません。
そのため、多くのPLGでDepfileは非対応、あるいは有料Debridサイトに頼らなくてはいけないという状況になりました。


今、Depfileに対応しているサイトは以下の3パターンです。
①RapidLeechベースの自立型PLG(元からCAPTCHAをユーザーに処理させるシステムが実装されていたため)
②有料Debridサイト(RealDebrid, JetDebridなど)を使っている自立型・チャット型PLG
③CAPTCHAに対応させたカスタム版のVinagetを使っている自立型・Cbox型のPLG

①に当てはまるのは、JetLeechの有料VIP会員専用のRapidLeechです。
②に当てはまるのは、Cbox型PLGのONLeechです。
③に当てはまるのは、Cbox型PLGのCboxEra, DailyLeech, HellBlaze, Alemdar Leech Cbox、自立型PLGのFastLeech.netです。

LeechProVNZ-Leechも対応しているようですが、VIP専用なので詳細はわかりません。VNZ-Leechはリンク生成エラーが出ていましたが。
どこも厳しい制限があったり有料VIP専用だったりするのがネックですが、制限が厳しいため仕方がないように思います。


長くなってしまいましたが、これでDepfile対応のPLGが減っている理由についての記事をおわります。
[ 2016/06/07 00:58 ] その他 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:hk
非公開での返信を希望する方は

までメールでどうぞ。
ただし、内容によっては返信できない場合もあります。ご了承ください。
また、たまに迷惑メールフォルダに届いて見落とすことがあるので、どこかしらの記事にコメントでメールした旨を伝えていただければ助かります。

全記事(数)表示
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。