PLG4U

PLG(Premium Link Generator/プレミアムリンクジェネレーター)についてまとめているブログです。

PLGの種類

PLG(プレミアムリンクジェネレータ)は、各種アップローダーから高速にダウンロードできるリンクを生成してくれるサービスの総称です。
RapidShareやMegauploadがバリバリの現役だった頃から数多く存在していますが、実際にはいくつかの種類に分けられます。
そこで、今回はPLGの種類を簡単に解説したいと思います。豆知識や読み物として軽く読んでいただけると幸いです。

PLGは数十~数百とたくさん存在していますが、(ユーザーの視点から見てみると)ほとんどのPLGは「自立型」と「Cbox型」の2種類に分けることができます。



【自立型】
自立型はその名の通りそのサイトだけで完結しているPLGで、Liberty Debridgeneratemylinks.comなどがあります。
残念ながら今は閉鎖していますが、半年ほど前には国内に設置されている自立型PLGもありました。

自立型のPLGもCbox型のPLGと同様に ①広告のクリックによる報酬 ②有料VIP会員の会費 によって運営されています。
広告のみで運営しているPLGは、広告のみで利益を出すために広告がかなり多いです。
一方、広告と会費の両方で運営資金を調達しているPLGは前者に比べて広告がやや少ない傾向にあります。

Juba-Get は有料VIP会員が用意されている自立型PLGの一つですが、ここは5.72ドル/月と高めです。 
これらのPLGでは有料VIP会員を集めるため、サイトにもよりますが以下のような差別化が図られています。
- 広告が無くなる
- 時間あたりのファイル数の制限、ファイルサイズの制限が無くなる
- NitroflareやKeep2shareなど、フリーでは制限されているホストに対応するようになる
  (ただし、容量が枯渇しやすいので 5 GB/日 などの制限がある場合も多い)
- リンクチェックしなくてもよくなる
- 専用のTorrentLeechやRapidLeechが用意される
- 24/7 Support (24時間365日のサポート体制)

自立型の中にもいくつか種類があり、オープンソースで開発されているものとしては、ファイルを一度サーバーにダウンロードする「RapidLeech」、プロキシのようにファイルをそのまま中継する「Vinaget」があります。
上で書いたように、ダウンロードURLに「?id=abcd1234」や「index.php/UT/abcd1234/file.zip」などが含まれている場合、使われているのはほぼ間違いなくVinagetです。
VinagetはRapidLeechと違いHDDの容量が少なくても問題なく、すぐにダウンロードリンクを生成できるので現在の主流になっています。



【Cbox型】
Cbox型はチャットにアップローダーのURLを書き込むと、管理人やBotがダウンロード用のリンクを貼ってくれるタイプのPLGです。
使用されているチャットサービスの名前が「Cbox」なのでCbox型と呼ばれていますが、単に「チャット型」と呼ぶこともあります。

Cbox型のPLGとしては、CboxEraONLeechDownloads Premium GratissLeechProなどがあります。
Cbox型のPLGも自立型のPLGと同様に ①広告のクリックによる報酬 ②有料VIP会員の会費 によって運営されていますが、数カ月前まではボランティアが手動で広告のないダウンロードリンクを貼ってくれる「10s.asia」というPLGもありました。

ところで、Cbox型のPLGは単にチャットとBotと各種アップローダーのプレミアムアカウントを用意するだけで運営できません。
これらに加えて、アップローダーからプレミアムアカウントを使ってファイルを中継するサーバーが必要になります。

そこでCbox型PLGの管理人達は有料PLGを契約していたり、Vinagetをインストールしたサーバーを用意していたりします。
Cbox型のPLGに投稿される(広告付きの)ダウンロードリンクは
① チャットに投稿されたリンクを取得する
② 何らかの方法でダウンロード用リンクを生成する
③ ②で生成されたリンクに sh.st などの広告を付加する
④ 広告付きのリンクをチャットに投稿する
という流れで投稿されているのですが、この②と③をVinagetで行っていることが多いです。
この時に使われるVinaget用のサーバーは、管理人が専用サーバー/VPSを契約しているほか、脆弱性のあるサーバーをクラックして使っていることもあります。
Vinaleechで使われているものは後者のものが多いようです。



また、これらの自立型・Cbox型のPLGだけでなく、有料のDebridサイトがあります。
有料のDebridサイトにはRealDebridAllDebridDebridItaliaZeveraなどがあり、Paypalやクレジットカード、Bitcoinなどで支払うことができます。

有料Debridサイトと有料の自立型PLGを区別しているポイントですが、有料DebridサイトはJDownloaderやMiponyなどのアップローダー用のダウンローダーとの連携が可能なところです。

これらのダウンローダーに有料Debridサイトのアカウントを登録しておくとわざわざPLGにURLを貼り付けてリンクを生成する必要がなくなるので、例えば寝る前にセットしておくと寝ている間に順番にダウンロードしておいてくれます。

しかし、有料のDebridサイトであっても常に万能というわけではなく、例えばAllDebridではこのように稼働していないホストもあります。
また、一日あたりのダウンロード容量の制限や対応ホストやダウンロード速度などの違いがあるので、自分の使い方・環境に合っているところを探しましょう。



少し長いアフィリエイト的な記事になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。
また機会があれば豆知識的な記事を書いてみたいと思います。
[ 2015/10/26 00:45 ] その他 | CM(6)
質問です
hkさん
記事について質問させていただきます。

国内に設置されていた自立型PLGは何という名前ですか?
また、なぜ閉鎖してしまったのか。

ご教示お願いします。
[ 2015/12/31 14:07 ] [ 編集 ]
Re: 国内にあった自立型PLGについて
> rockerさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

名称についてですが、「Vinaget in japan」か「Vinaget japan」のどちらかだったと思います。
ただし、2ちゃんねるでは同じ管理者が海外のサーバーに設置した自立型PLG(Vinaget)と合わせて「yamata」と呼ばれていました。
これは、海外に設置された方のURLに「yamata5」という文字が含まれていたことが理由です。

閉鎖の理由については、正確な理由はわかりませんが推測はできます。
使用していたサーバー(さくらのVPS)の約款に違反していたとのことなので、
・著作権侵害幇助でアカウントを停止された
・負荷が大きすぎてアカウントを停止された
・支払いに関するトラブルでアカウントを停止された
のいずれかだと思われます。

ただし、それが建前である可能性もありますが、その場合は
・運営・管理の手間が多くて疲れてしまった
・2ちゃんねるで叩かれたことで嫌になってしまった
・著作権侵害幇助での逮捕を恐れて自主的に閉鎖した
などの可能性があります。
いずれにせよ、管理者の方にしか本当の理由はわかりませんので、
なんとも言えないというのが正直なところです。

参考になりましたでしょうか?
[ 2015/12/31 15:55 ] [ 編集 ]
返信が遅れて申し訳ありません。
年末の忙しい時期に、回答ありがとうございます。
とても参考になりました。
これからも頑張ってください。

ちなみに hkさん のプロフィールにある スクリプト はどの言語ですか?
[ 2016/01/04 22:09 ] [ 編集 ]
Re: スクリプト言語について
> rockerさん

コメントありがとうございます。
拙いブログではありますが、今後も閲覧いただけると嬉しいです。

スクリプト言語についてですが、一応、PHPとJavascriptの2つです。
ただ、コピペと改変による継ぎ接ぎが大半、いわゆるスクリプトキディなので技術力としては「少し触ったことがある」レベルですね。
Vinagetのプラグインやリンクチェッカーをアップデートしたり、RG Downloaderをスクレイピングで作れるぐらいの能力です。
[ 2016/01/04 22:27 ] [ 編集 ]
質問です
cbox型のplgって、他の人に作成されたリンクも見ることが可能ですが、そこから自分ではない人がダウンロードした場合、1日あたりのデータ利用量の制限って、リンク要求者にいくんですかね?
それとも、作成したリンクのデータ容量が利用量制限から引かれるだけで、そこから何回ダウンロードしても関係ないって仕様なんですかね?
[ 2016/06/16 21:57 ] [ 編集 ]
Re: asdfさん
コメントありがとうございます。

前者ではなく後者の仕様になります。何回ダウンロードしてもカウントは1回分です。
Cbox型PLGの容量のカウントはリンク生成時のみに行われるので、実際の転送量は関係ありません。

もう少し細くすると、自分のリンクから
・自分だけが1回だけダウンロードした場合
・自分だけが何度もダウンロードした場合
・自分だけでなく他の人もダウンロードした場合
・自分も含めて誰もダウンロードしなかった場合
のいずれであっても、容量のカウントはリンク生成時の1回のみです。

また、同じリンクを3回連続で投稿し3回リンクが生成された場合、実際のダウンロード回数は1回であっても3回分のカウントになってしまいます。
Cbox型PLGの利用規約で「Botの反応がなくても連投しないでくれ」と書かれていることが多いのは、これが理由です。

説明不足な点、不明な点があれば再度コメントしていただければと思います。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2016/06/17 01:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hk

Author:hk
非公開での返信を希望する方は

までメールでどうぞ。
ただし、内容によっては返信できない場合もあります。ご了承ください。
また、たまに迷惑メールフォルダに届いて見落とすことがあるので、どこかしらの記事にコメントでメールした旨を伝えていただければ助かります。

全記事(数)表示
全タイトルを表示