PLG4U

PLG(Premium Link Generator/プレミアムリンクジェネレーター)についてまとめているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

有料Debridサイトと自立型PLGの違い

このブログでは何度か「有料Debridサイト」という言葉を使っています。
有料Debridサイトは自立型PLGの一種ですが、このブログではあえて区別して「有料Debridサイト」と呼んでいます。

有料DebridサイトにはRealDebridAllDebridDebridItaliaZeveraなどがあり、Paypalやクレジットカード、Bitcoinなどで支払うことができます。

有料Debridサイトと自立型PLG(の有料プラン)は月額費用や使い方などが似ていますが、1つ大きな違いがあります。
それは、JDownloaderやMiponyなどの「アップローダー専用のダウンロード支援ソフト」が対応していることです。

普通、PLGを利用してダウンロードするためにはブラウザでダウンロードリンクを生成し、それをブラウザやダウンロード支援ソフトでダウンロードします。
そのため、ダウンロードしたファイルの数だけダウンロードリンクを生成する必要があり、例えば100個のファイルをダウンロードしたい時には非常に手間となります。
しかし、有料Debridサイトはアップローダー専用のダウンロード支援ソフトが対応しているため、アップローダー(RapidgatorやUploadedなど)と同じようにアカウントを登録しておくことができ、全自動でダウンロードを進めてくれます。

有料Debridサイトのメリットは
  • アップローダーのプレミアムアカウントよりも安い
  • 1つのアカウントで複数のアップローダーに対応できる
  • アップローダー専用のダウンロード支援ソフトでダウンロードできる
ことなので、PLGのメリットとアップローダーのプレミアムアカウントのメリットの両方を併せ持っていることになります。

もちろんデメリットもあり、例えばKeep2shareやNitroflareに対応した有料Debridサイトの月額費用は、アップローダーのプレミアムアカウントとほぼ同じ、場合によっては高いことがあるにも関わらず、1日のダウンロード制限はアップローダーのプレミアムアカウントよりも少ないといった具合です。
また、あくまでもPLGでの一種なのである日突然対応を打ち切られることもあります。

私自身の話をすると、安さと1日あたりのダウンロード制限がないことに惹かれてDebridItaliaを契約しました。
丸1日外出していた時に200GBほどダウンロードできたこともありますが、対応しているホストであるにも関わらず時間帯によってはダウンロードできないこともあります。
また、Uploadable、Datafile、Rapidgatorといったメジャーなホストは非対応になったりもしました。
今はCboxEraやVinaleechなどのCbox型PLGと併用して使っています。

有料Debridサイトについては実際に使った方にしかわからない部分があるのでこのブログでほとんど取り扱いませんが、何かの参考になれば幸いです。
[ 2016/02/21 05:38 ] その他 | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:hk
非公開での返信を希望する方は

までメールでどうぞ。
ただし、内容によっては返信できない場合もあります。ご了承ください。
また、たまに迷惑メールフォルダに届いて見落とすことがあるので、どこかしらの記事にコメントでメールした旨を伝えていただければ助かります。

全記事(数)表示
全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。